読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オガワンダー

31 既婚 リーマン アホみたいなタイトル

性根

小4の時、卒業式に使う紙の花を作るのの責任者になったことがあります。全然やりたくなかったけどやらされた。

それで、なんかみんなにノルマ頼んで作ってもらってたんやけど、ある日担任のジジイが「進捗はどうなってる?」みたいなことを聞いてきました。

このジジイは変な教師の代表的な奴で、普段から屁理屈ばっかり言うてくるジジイでした。みんなえらい目にあってた。終わらへん終わりの会が頻繁にあった。

僕はそのジジイに進捗を聞かれたので「大丈夫です、もうできます」みたいな事を言うたら「計画を聞いとんねや!」と急にキレられて耳引っ張られて廊下に連れてかれました。「もうできる」言うてるのに計画もクソもあるかい。

その後、「大丈夫なんやったら、焼却炉で燃やしてこい!」と意味わからん斬新なこと言われたので、僕はほんまに焼却炉で燃やしました。普段まじめやけど、スイッチ入ったら「やったらあ!あほんだら!」てなるとこがある。今でも。

そんで、もう燃えたし、もっかい作ってもまた燃やすだけやから1週間ぐらいほったらかしてたら、卒業生のクラスの担任が「花やってくれてる?」て聞いてきたので「いや、燃やせって言われたから燃やしました」とシレッと答えたら大騒動になりました。

しかしながら、燃やした僕はその後誰にも怒られなかったので、やっぱりその担任は職員室でも変な奴扱いやったのでしょう。ほんま、全く怒られへんかった。担任のジジイもなんも言うてこんかった。むしろジジイが職員間で怒られたのでしょう。

そんなことを卒業シーズンになったら思い出します。「絶対こんな奴にならんとこ」と思わせる教師。いまだにおるんかな。
あと夕方なったら子どもを幼稚園に迎えに行く担任のオッサンもおった。公務員やのに公よりも私を優先するスタイル。今思えばクソ揃いですね。それにしてはまっすぐ育ったほうやね。親に感謝しよう。