読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オガワンダー

31 既婚 リーマン アホみたいなタイトル

単位

幼少期から、うさぎの数え方に納得いかんまま大人になりました。

小学校の先生に「うさぎは1羽、2羽と数えます。これは昔の人が、うさぎの長い耳を羽と間違えて、鳥と思ってたからです」みたいな事を言われました。

でも当時からセンセーショナルな僕は「昔の奴が間違ってたんやから、今は『匹』でええやん」と思っていました。そして今も思っています。

それと同じく、靴を「1足、2足」と数えるのも昔からあんまり納得いってません。あれは「1対、2対」または「1組、2組」やと思ってます。

そもそも足が「1本、2本」と数えるものやのに、靴の時だけ急にツインで「1足、2足」は成り立ってない。

「2本の足で、しっかり立て」みたいな事を言うじゃないですか。でも、2本足でしっかり立ったときにはく靴は1足なのです。足は2本やのにね。お前たちはいったい足をどう捉えたいのか、まったく納得いかへん。

あとは走りの順位と、服の数え方が被ってるのも気になる。どっちも「1着、2着」て表現する。他の言い方さがしたらええやん。なんぼでもある。

これの何があかんかというと、例えば「服1着」と「フッくん1着」は、確実に聞き間違えます。フッくんに迷惑がかかるよ。

まあフッくんは今のところどん底なので、1着になることはないんですけどね。さあ、ここから1着になれるのか!