読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オガワンダー

31 既婚 リーマン アホみたいなタイトル

主と従

今日、外回りのときに、とある幼稚園の下校時間に出くわしました。

そしたら一人の母親が「ゆう君ママを待たないとー」と子供を諭していました。

「ゆう君ママ」。

えづくわっ!

なんていうて説明したらええんか分からへんけど、まあ簡単に言うと吐き気がするんですね!(心せまっ!)

この「ゆう君ママ」の響きの気持ち悪さは、細かい理由あげたら10個ぐらいある。それが複雑に絡み合って、異臭を放ってます。

まずは主従関係がおかしいことね。ゆう君がメインイベントにきてるからね。

正直、子供は子供やから子供なんですよ。子供は子供時代しか経験してない、親は子供時代も大人時代も経験してるから、ほんまに完全に親の方が価値が上なんですよ。いろんな生産能力も上なんですよ。丸太とか石を運ばしたら、大人の方が圧倒的に能力高いからね。世が世なら、どっちがマハラジャの召し使いとして価値があるか。そこわかっとけ!

あとは、他の子供のおかんを「ママ」ていう行為ね。何がママやねん、何をぬかしとんねんというのが正直なところだ。(また心せまっ)

子供からしたら、ゆう君のおかんは「ゆう君ママ」か知らんけど、お前らは年齢的にも立場的にも対々なんやから、「町田さん」「榎田さん」て呼びあわなおかしい。誰のおかんやねん。

あとは、そんな呼びあい方をするグループを形成するタイプの人間に対する嫌悪感ね。お花畑だ。

まだまだ言えるけど、共感を得てくれる人はほんまに多いと思う。これ以上圧倒的に優位になっても仕方ないので、解散だ!おやすみ!(寝た!)