オガワンダー

31 既婚 リーマン アホみたいなタイトル

ゆけ

電車で、微妙なおばちゃんが僕の目の前に立ちました。

譲るか譲らんか迷うレベル。老人ていうほどでもないけど、まあおばちゃんの域も越えてる。譲ったら若干失礼になるかもしれんランクの人。いてるでしょ。

しかしまあ夜も12時を越えてたし、若い男がそんな人を前に立たしてたら周りも確実に僕をクソやと思うでしょう。なので譲りました。

ここで言っときたいのが、僕は正義感から譲ったのではありません。周りの視線を気にしたのです。それのみです。

僕は、ブログで良い人アピールとか頑張ってるアピールとかする輩にはなりたくないのです。吐き気がするわ!こちとらアラサー、順調に汚れとるわ!

 

そしたら案の定、おばちゃんはじたばたしました。「大丈夫、大丈夫」とじたばた。ええからはよ座れやと思った。

昔ならもうこの時点で人々の注目が恥ずかしいので、しぶしぶと座り直してましたが、今まで恥なんか無限にかいてきたのでもはやなんともない。こちらも爽やかにクソみたいなセリフをはきました。

「レディーファースト、レディーファースト!」

アホやん!おばはんにこんなん、バカにしてるやん!割とみんな見てたし。

でも、そしたらおばちゃんは急にまんざらでもない顔で笑顔になり、照れながら「そう~?」言うて座りこの戦争は終わりました。

 

恥をかくのは嫌ですが、たくさんかけばかくほど図太くなる。それがいい方向に転んでいると思う今日この頃。

周りに注目されても何とも思わず、逆にそれを利用してうまく進めたりもしてる。事務所とかでちょいちょいやる。

恥も重ねると、強みになるんやなあという話でした。

あと、ユーモアは潤滑油。当たり前だ。

f:id:qwertyuiopa:20140607233451p:plain