オガワンダー

31 既婚 リーマン アホみたいなタイトル

旅の思い出

海外旅行に行って、思てたよりあんまり美味しくなかったものを列挙していきます。

楽しかった思い出も楽しい記憶として残っていますが、意外にこういう話もあとあと楽しい記憶として残るのです。

負の思い出が、正に変わる瞬間。それいけ。

 

【ハワイ】

・ヤシの実の中の汁

なんか、ヤシの実にストロー突っ込んで飲むやつ。全然おいしくなかった。

買う前、以前に飲んだ経験のあるおよめちゃんが「あんまりおいしくねぇけん、やめちょきよ」てストップをかけてくれましたが、反対を押し切って飲んだら全然おいしくなかった。

手触りも、猿の頭持ってるみたいでだるかった。アロハオエ。

 

・ステーキ

アホみたいにでかいし、フォルクスみたいな鉄板に乗って出てきたので興奮した。

食べたら硬かった。なんか向こうのステーキは硬い。赤身がよしとされてる。

序盤はまあおいしかったけど、外人サイズなので後半は苦行のように無表情で噛んでた。アゴ疲れた。ナマステ。

 

【台湾】

・イノシシの肉のソーセージ

僕はソーセージ自体嫌いなんですけど、屋台で変なテンションになって買った。

全然おいしくなかった。へんな匂いがした。

でも食べ物は残さない主義なので、頑張って食べた。およめちゃんは全然手伝ってくれへんかった。おいしくなかった。ダンケシェーン。

 

【飛行機】

・どっかの機内食で出た豆

機内食で「チキンオアビーフ?」て聞かれたのでチキンを頼んだら、チキンは確かにチキンなんやけど、ライスの代わりにシナモンかかった豆が出てきた。

これはほんまにおいしくなかった。弁当において本来やったらご飯入ってるゾーンにびっしり甘い豆入ってた

ビーフを頼んだおよめちゃんは、ビビンバ丼みたいなん食べてた。めっちゃおいしそうやった。ていうかビーフどうこうより米がうらやましかった。

「チキンオアビーフより、ライスオアビーンズ聞けよ」という名言も出ました。ジャンボ。

 

 

海外の思い出話をすると、観覧車で中国人ツアー団体と相席になってうるさかったとか、高級ホテルでうんこ詰まらせてごっつい外人にスッポンで直してもらったとか、このへんの話が一番盛り上がる。われなべにとじぶたである。