読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オガワンダー

31 既婚 リーマン アホみたいなタイトル

破格価格

金額と釣り合ってない食品ってあるなあ、とふと思いました。魚介類に多い。

まずアワビとかサザエの貝系。うまいし、好きやけど、あの1コが数百円となると「んん?」てなる。

これはケチで言うてるんではありません。もしこれが牡蠣やったら、惜しまず金出してる。

牡蠣は好きです。最後の晩餐は、ずっと生牡蠣ツルツル食べときたい。

「イエス様、そろそろ…!」「あ、もうそんな感じ?皇帝のオッサン、もうやるて言うてる?ちょ、もうちょいま待たしといてや。うま~、牡蠣のあとに牡蠣なしやわ~」

 

あとは伊勢海老。好きは好きやけど、食うとこあんまないし、じゃまくさいし、味も普通のエビのほうが好きやし、正直インフレが過ぎます。

伊勢海老に2000円出せ言われたら、けっこう抵抗しますね。ツアー旅行とかでも「うん、自分ら伊勢海老食べときいや。僕は向こうで海鮮丼と五目そば食べてくるわ」て言う。2000円やったら、絶対そうする。ツアーに食事組まれてるんったら食べます。

 

こんなけ書いて、結局個人の嗜好によるということに気づいた。

要は僕は牡蠣と海鮮丼が好きなだけですねん。