読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オガワンダー

31 既婚 リーマン アホみたいなタイトル

風呂に2万の価値を感じない

オードリーの春日がラジオで、いまだに3万9千円の風呂なしアパートに住んでる理由として「風呂に+2万の価値を感じない」みたいなことを言ってました。

謎理論やけど、わからんでもないのがおもしろい。そう言われたら妙に納得してまう。これが家賃やからあれやけど、ブランドもんとかに対しては同じことを思います。

いまの財力からいくと30万の時計とかも正直ぜんぜん買えるけど、ほんまにいらん。負け惜しみとかじゃなく、純粋に必要を感じひん。

春日のむつみ荘はそれの究極系なんでしょう。

 

でも、ぼくは風呂はどうしても欲しいです。考えられへん。

ラジオから教わった

あんまり自分で情報収集する能力がないので、なるべく通勤で芸人ラジオ聞いてます。体験や知識を情報収集してもらい、一流の話術でまとめてくれたやつを、こちらは受け取るだけでいいのですごい効率です。効率うんぬんより、まず面白いってのがでかいんですけど。

 

インターネットも好きですが、インターネットの知識って簡単に手に入るぶん大多数の人の手垢が付いてて、けっこう知識としてはベタな事が多いように感じます。Yahoo!ニュースなんかも、まあだいたいみんな目にしますでしょう。最近は情報の平均化が顕著です。

 

なのでラジオとか書籍とか、少し手間が発生したりピンポイント検索が効きにくい手段から情報を得たいのです。

 

昔から思うのですが、芸人ラジオをたくさん聞いてたら、どんな人間でもある程度面白い人間になれます。いや、面白い人間にはなれへんかも知らんけど、おもんないことを言わない人間になります。なんというか、ベタな事を避けれるようになるんです。

 

例えば「バファリンの半分は優しさ」みたいなワード。こないだも僕、現実社会で耳にしました。「俺の半分は優しさでできてる」っておっさんが言うてた。でも我々はそんなワードは20年前から幾度となく聞いてきた使い古されたNGワードなので絶対使わなくなります。面白くなくても、他の手垢のついてない表現を探します。

 

後は発想力とか物の捉え方に差が出ますね。だって、一流の雑談を聞いてる量がハンパないですから。スピードラーニングどころじゃないですよ。チャラい高校生が、似たようなレベルの仲間と浅い話をしてる間に、ずっと家で夜な夜なハガキ職人のすごい下ネタ投稿をクスクス聞いてるんですよ。ラジオ好きの根暗な子ほど、けっこう喋ったら視点面白いしワードセンスが優れてる、っていうあの現象が起こりがちです。

 

 

しかしそれを言い出すと、1人でニヤニヤ聞いてる間に他の人間は他人と会話してアウトプット力がグングン伸びてるんでしょうがね。

でもアウトプット力は大人になるにつれて努力で後からなんとでもなるので、たくさんラジオを聴いてワードセンスや会話の展開力といった基礎体力の高い人々が増える事を祈っています。1人の元ネクラとして。

 

 

100円のぬるま湯

こないだセブンイレブンでアイスコーヒー用のアイスカップを買って、ボーッとしながらコーヒー入れようとしたら、気づけばラーメンとか作る用のお湯をアイスカップに注いでました。

やらかした!ぬるま湯できてるやん!

「ああっ!」って口に出して言うてしまいましたが、そこはできる男。リカバリー能力が高い。即座にぬるま湯を一気飲みして、すぐさまコーヒーメーカーでアイスコーヒーのボタンを押して事なきを得ました。でも氷あんま残ってへんから絶妙なヌルさでしたね。

店員も見てましたけど、優秀な店員のようで、一部始終を把握した上でそっとしてくれてました。彼こそ、枯れ果てた都会に咲く一輪の花です。

 

昔からも、自販機でジュース買ったのにお釣りだけ取って帰ったりとか、電車で寝てないのに自宅の最寄り駅乗り過ごしたりとか、その類の不思議なミスが多いです。考え事してて、もう意識は違うとこ行ってるのでしょう。容れ物しか現世に存在してない。

これは天才特有のよくある逸話みたいなアレなのか、単純にアホなのか。その答えは50年後ぐらいに分かるであろう。

男の腕時計と女のアクセサリー

なにかで、男が女の人のアクセサリーの価値があんまりわからないのと同様に、女の人も男の腕時計の価値があんまりわからないというのを見たことがあります。

 

たぶんそれはあってて、僕は正直、女の人のアクセサリーとか鞄とか服の価値があんまりわかりません。「たぶんええやつ〔高いやつ〕なんやろな」みたいなんは稀に感じたりするけど、基本的にはわからん。そもそもそんなとこ見てへん。ぶっちゃけ顔と性格しか見てへん。そしてそれはほとんどの男がそうやと思います。

 

逆もしかりで、おそらく女の人も男の腕時計なんか興味ないし、ブランドも知らんと思う。「たぶんええやつなんやろな」ぐらいなはず。ええ時計してるブサイクよりも、しょうもない時計してる男前の方がたぶん価値は高い。たぶん。どうなんやろ。

 

ええ時計してて男前で性格抜群、のやつは逆に信用ならん気がするのですがどうでしょうか。しょうもない時計してるけど男前で性格ええやつがマストですね。女の人もそうやと思う。ブランドもん付けまくった美人で性格ええやつはなんか知らんけど最終的に性格悪い気がします。気が、します。

それよりも、普通の服をうまいこと着てかやいくて性格いいほうが無敵なのではないのでしょうか。おっと、それはうちのおよめちゃんだ。

 

 

 

2000円のカシオの時計〔図1〕を使いこなす私としては、この説があってることを望むばかりであります。

〔図1〕

f:id:qwertyuiopa:20170124000701p:image

 

2000円て!

 

オンエアバトル

昔、ずっとオンエアバトルを見てました。関西の若手お笑いも好きでしたが、当時は関東のお笑いの方が新しい波がバンバン来てたので、それを大阪で見れる唯一の機会でした。

ラーメンズバナナマンバカリズム〔当時はコンビ〕が特に好きでしたね。シュール系が本当に好きでした。

あとはアンジャッシュアンタッチャブルアルファルファ東京03の角田抜き〕、ドランクドラゴンおぎやはぎという人力舎の面々が旋風を巻き起こしてた。えらいもんで、みんな売れた。突出した才能がやっぱりあればなんやかんや売れるのね。

 

全部データ取ってる人がおったのに驚き。もう17年前か。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~anken/owarai/battle/week/index.html

売れそうやったのに辞めた人もちらほら。

ホームチーム、ツインカムも解散しましたね。シャカもOver Driveもですね。

 

青空、ババリア足軽エンペラーとか「おっ!」となる懐かしい名前もあって、なかなか歴史的価値の高いページですね。ずっと見れるわ。

 

有名な話ですが、ナイスミドルもオンエアこそありませんでしたがちょこちょこでてたんですよ。現オードリーね。

みんないろいろありますね。くさらずにやってたらある程度どうにかなると思わなやってられませんね。どうにもならんパターンもあるんでしょうけど。